週刊ベースボールONLINE

 

[茨城]
糸を引くようなフォームから粘り強いピッチング!?



 投手には2003年に20勝投手に輝き、阪神を18年ぶりのリーグ優勝に導いた井川(納豆は嫌い)。そして、捕手には勝負強い打撃が武器で、「デーブ」の愛称で親しまれた大久保を選出。ちなみに、2人とも水戸商の出身である。現役選手を見てみると、茨城県出身者は投手の割合が高く、美馬学(楽天)、金澤健人(ソフトバンク)、東野峻(オリックス)らを輩出している。また打線は、大崎雄太朗(西武)、渡辺直人(西武)らも名を連ねる。


[栃木]
江川を頂点に人材豊富な投手陣
堅守の野手も多くラインアップ




 まず、栃木出身の投手で最初に名前が挙がるのは、作新学院高時代に「怪物」と呼ばれ注目を集めた江川。そのほかにも、渡辺俊介(ロッテ)、成瀬善久(ロッテ)、澤村拓一(巨人)ら球界を代表する人材がそろう。野手は、ゴールデングラブ賞を4度受賞した石井とヤクルト、巨人、阪神で四番を務めた広沢を軸とし、外野にはヤクルトの日本一に貢献した真中、現役の岡田を配置。他にも飯原誉士(ヤクルト)と、ヤクルト勢が強い。


[群馬]
かかあ天下とからっ風
打線の軸は最多勝利打点の佐野




 投手には、最多勝のタイトルを3度獲得し、西武黄金時代を支えた現監督の渡辺。他にも「8時半の男」と呼ばれた救援投手の宮田征典(元巨人)、2006年の全国高校選手権でブレークした斎藤佑樹(日本ハム)など、タレントぞろい。打線は...

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連キーワード検索

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング