週刊ベースボールONLINE


 



 2010年から5年間指揮を執り、13年にはチームを16年ぶりのAクラス、3位に導くと、今季は2年連続3位の成績を残した野村謙二郎監督が退任。その体制をコーチとして支えた緒方孝市が新監督に就いた。来季は24年ぶりの日本一を目指す。

 就任に際して緒方監督は「野村監督時代からやってきた野球を継続していけば勝てる」と発した。それが1点を確実に取り、1点を守り切る野球。その点で機動力と投手を含めた守備力の精度をより一層高める必要があると感じている。その先頭に立つのが、石井琢朗守備走塁コーチ。来季は二軍監督に配置転換となる高信二守備・走塁コーチに代わって三塁ランナーコーチを務めることも決まっている。11月1日から21日まで宮崎県日南市で行われた秋季キャンプでは、内野陣だけでなく投手の連係プレーも細やかにチェックした。

「投手も対バッターだけでなく、1点を防ぐためにできることはいろいろとある。内野を含めた連係プレー然り」と語る緒方監督の意図を汲んでの動きだった。今後は高二軍監督の異動に伴って一軍担当となる玉木朋孝守備走塁コーチとの連携の下、そのレベルアップを図っていく。

 また、現役時代に3年連続盗塁王を獲得した新監督らしく・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

特集記事

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング