週刊ベースボールONLINE

2019ドラフト「令和元年」の逸材発掘

163キロの秘密 連続写真で見る佐々木朗希の怪物度

 

スピードボールとは、投手としての最大の魅力だ。天性のポテンシャルによるものが大きく、なかなか鍛えて球速アップできるものではない。佐々木が超大台の160キロを突破できた理由はどこにあるのか。投球フォームの視点からNPBスカウトに聞いた。


 一冬の成長は「左足」にあった。1年時は腰の疲労骨折により、オフシーズンも、全体メニューを消化することができなかったという。成長痛も癒えた2年冬は十分なトレーニングを積むことができ、身長は1センチ伸びて190センチ、体重も5キロアップの86キロと下半身が明らかにたくましくなった。1年時から佐々木朗希に密着マークを続けてきた、ソフトバンクの東北担当である作山和英アマスカウトチーフ補佐は指摘する。学法石川高、東北福祉大、福岡ダイエーを通じ、現役時代は右投手だった。

「昨秋と比べても、あそこまで左足は上がっていなかったです。当然、足を上げた分だけ、バランスを保つのは難しくなる。しっかり維持できているのは、下半身が強じんになった証拠。誰でもマネのできるフォームではありません」

 日本ハムオリックス中日での12年のプロ生活を終え、スカウト2年目の中日・八木智哉氏は、今季から東北担当に着任した。現役時代は左腕投手で、右足を高く上げるのが特徴的だっただけに、佐々木の投球フォームの意図を・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング