週刊ベースボールONLINE

DATAで深読み!タイトルに挑む男たちの(秘)ポイント?

西武・山川穂高 50本超えのカギはメットライフにあり?

 

ここからは現在タイトル争い各部門で上位を走る選手たちを何人か取り上げ、さまざまなデータから彼らの好調の秘密と、タイトル奪取に重要なポイントについて探ってみたい。
※記録は8月4日現在


[パ・リーグ]
打率.251(26位)、32本塁打(1位)、86打点(1位)

 打率の森に対し、本塁打、打点でトップを走るのが、同じ西武の山川穂高だ。本塁打32本は2位・レアード(ロッテ)に3本差、打点は同僚である中村剛也に10打点差。18年が47本塁打でホームラン王、124打点で2位だったから、ペース的には同じようなものではあるが、今季は5月終了時点で22本塁打、54打点のハイペースで来ていただけに、6月5本、7月4本には失速感は否めない。

 マイナスの材料になるが・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング