週刊ベースボールONLINE

原ジャイアンツ万感V

DATAで投打の戦力を分析 チーム一丸・全員野球の真実 30人以上の投手起用は球団史上初【投手力編】

 

優勝決定の記者会見で、原辰徳監督は「チーム一丸」を強調した。支配下登録選手68人(投手36人/野手32人)中、実に59人を一軍で起用しているところからもその言葉は裏付けられる。ここでは各種データからセ王者の投打の戦力を分析する。

クローザーのR.デラロサは6月入団で苦しい台所事情を救った救世主


臨機応変な戦力整備


 原辰徳監督はさまざまな可能性を模索し、投手を起用した1年となった。今季、指揮官が起用した投手は優勝決定時点で36人中32人。昨年の26人を大きく上回っている。なお、年間30人以上の投手が起用されるのは球団史上初のケースだ。

「開幕時点でメンバーが固定できればそれに越したことはありませんが、難しいことですから、メンバーが固まってくるのは、9月に入ってからでも十分ではないでしょうか」

 春季キャンプ時点で指揮官がそう語っているように、一軍のメンバーはめまぐるしく入れ替わった。まず先発では開幕から1年を通して・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング