週刊ベースボールONLINE

激動の10年史 2010-2020

ロッテ・“下克上日本一”後は世代交代で我慢の時/12球団激闘の10年史

 

ロッテによる下克上日本一(2010年)、楽天の球団創設9年目での初優勝、日本一(13年)もあったが、近年ではソフトバンク西武が2強を形成。パ・リーグ激動の10年間を球団ごとに振り返ろう。
※各球団ページの「王冠マーク」はリーグ優勝の年(CS勝ち抜けは含まず)。各年度の「MIP」はその年に最も印象的な活躍をした選手。エース、中継ぎ、抑えの人選は編集部が選出

リーグ3位から日本一となった2010年。史上最大の下克上を成し遂げた


 史上最大の“下克上”で始まった2010年代。就任1年目の西村徳文監督の下、2010年は最終盤まで続いた5チームによる上位争いに踏みとどまって3位に入ると、CSを勝ち抜き、日本シリーズで中日を破って“下克上”を遂げ、チームは勢いに乗りつつあった。

 だが、シーズン206安打で首位打者を獲得したリードオフマンで主将の西岡剛が同年オフにメジャーへ。抑えの小林宏阪神に移り、翌11年は最下位に暗転……。12年も開幕4連勝を飾って前半戦を首位ターンも、夏に失速して2年連続のBクラスに沈んだ。そんなチームの再建を託されたのが伊東勤新監督だ。「俺が最大の補強」と指揮を執った13年は3年ぶりのAクラスとなる3位に。だが・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

関連キーワード検索

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング