週刊ベースボールONLINE

激動の10年史 2010-2020

楽天・低迷期を乗り越えて創設9年目に日本一/12球団激闘の10年史

 

ロッテによる下克上日本一(2010年)、楽天の球団創設9年目での初優勝、日本一(13年)もあったが、近年ではソフトバンク西武が2強を形成。パ・リーグ激動の10年間を球団ごとに振り返ろう。
※各球団ページの「王冠マーク」はリーグ優勝の年(CS勝ち抜けは含まず)。各年度の「MIP」はその年に最も印象的な活躍をした選手。エース、中継ぎ、抑えの人選は編集部が選出

田中の24連勝もあり13年に初V&日本一


 野村克也監督の下で09年に初のAクラス入りとなる2位に進出した。それでもこの名将が同年限りで退任し、10年はブラウン監督体制となる。エース岩隈久志が通算1000奪三振と100勝に到達したメモリアルイヤーだったが、再び最下位に逆戻り。わずか1年で監督交代となった。

 星野仙一が新たに指揮官となった11年、シーズン開幕前の3月11日に東日本大震災が発生。チームは「がんばろう東北」を合言葉に戦うも、シーズン5位に終わる。同年オフ、岩隈が海外FA権を行使してマリナーズへ移籍。同年に19勝、防御率1.27、最高勝率.792の投手3冠を獲得した田中将大にエースのバトンが渡された。

 12年、銀次がレギュラーに定着するなどチーム力は着実にアップしたが、勝率5割の4位に終わる。東北に初の歓喜が訪れたのは13年のことだった・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

関連キーワード検索

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング