週刊ベースボールONLINE

激動の10年史 2010-2020

DeNA・さらば暗黒時代。キヨシが種をまき、ラミが花咲かす/12球団激闘の10年史

 

中日が2連覇の黄金期から一転、暗黒期真っただ中。一方で、万年Bクラスだった広島がリーグ3連覇を果たした。栄枯盛衰の様相を呈しているセ・リーグ。激動の10年間を球団ごとに振り返ろう。
※各球団ページの「王冠マーク」はリーグ優勝の年(CS勝ち抜けは含まず)。各年度の「MIP」はその年に最も印象的な活躍をした選手。エース、中継ぎ、抑えの人選は編集部が選出

2017年リーグ3位からCSを制して日本シリーズへ


 2010年代を迎えたベイスターズは出口の見えないトンネルの中にいた。11年まで4年連続で最下位。そんな中、同年秋の新球団・横浜DeNAベイスターズ誕生は新時代の幕開けを予感させた。

 しかし、そう簡単に物事は運ばない。尾花高夫監督からバトンを受け継いだ中畑清監督は、持ち前の明るさと行動力で先頭に立ち改革に走ったが、戦力的には看板選手の村田修一がFAで離脱するなど厳しく、優勝した巨人に41ゲーム差をつけられ最下位に沈んだ。13年はブランコ、モーガンら大型補強に乗り出すも、5位。翌14年も5位と結果にはつながらなかったが、指揮官は・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

関連キーワード検索

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング