週刊ベースボールONLINE

激動の10年史 2010-2020

ヤクルト・投手力が長年の課題も野手にはスター続々/12球団激闘の10年史

 

中日が2連覇の黄金期から一転、暗黒期真っただ中。一方で、万年Bクラスだった広島がリーグ3連覇を果たした。栄枯盛衰の様相を呈しているセ・リーグ。激動の10年間を球団ごとに振り返ろう。
※各球団ページの「王冠マーク」はリーグ優勝の年(CS勝ち抜けは含まず)。各年度の「MIP」はその年に最も印象的な活躍をした選手。エース、中継ぎ、抑えの人選は編集部が選出

真中監督就任1年目の2015年、14年ぶりにセ・リーグの頂点に立った


 この10年間で、監督が4度変わる激動ぶりだ。順位変動も激しく、監督の休養や「最下位の責任を取って辞任」という形も珍しくなかった。どのシーズンも故障者が多く、やり繰りに苦慮したことは間違いない。

 特に2011年は、4月から首位を独走し優勝を目前にしながら、8月に故障などで主力組を失うと急失速。猛追してきた中日に優勝をさらわれた。

 本拠地が本塁打の出やすい神宮ということもあるが、投手層の薄さには今も苦しみ続けている。40歳で今年の開幕投手に内定している石川雅規をはじめ、昨季限りで現役を引退した館山昌平ら、ベテラン頼りが続いて・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

関連キーワード検索

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング