週刊ベースボールONLINE

開幕カードで垣間見えた「明」と「暗」

中継ぎ陣の奮闘でD勝利。明暗分かれた10回の満塁機

 

無観客ながら、全国各地のスタジアムでプロ野球の熱戦が繰り広げられた。120試合に短縮された異例のシーズン各チームはどんな形で滑り出したのか。そして、特別な思いや収穫、誤算は見られたのか。開幕3カード1試合をピックアップし、各チームの「焦点」に迫った。
※情報は6月21日現在。写真=榎本郁也

同点の9回裏に登板した福。「びびらずに勝負できた」と三者凡退で延長戦につなげた


神宮でのこのカードは最後まで分からないと言われるが、その典型的な試合だった。投手陣に不安を抱える両チームだが、中継ぎから終盤のリレーで中日に分があった。

【Dの焦点】継投で追加点を阻止


 開幕投手の大野雄大が4回6失点。得点したその裏に失点するという嫌な流れだった。しかし、ここから5人の中継ぎ陣が1失点に防いだことでチームの逆転勝利を呼び込むことになった。

 その1失点は又吉克樹のあとを継いだ鈴木博志だ。先頭打者に安打を打たれ、四球が絡んでとお決まりのパターン。またも得点直後の失点だったから、このままズルズルといってもおかしくない展開ではあった。そこから同点に追いついた終盤のリレーが開幕戦の、いや今年を占うカギだったろう。7回を祖父江大輔、8回をR.マルティネスが締めると、緊張感いっぱいの9回を福敬登が3人できっちりと抑え込む。最後を締めたのは今年のキーマンとも言えるクローザーの岡田俊哉。二死満塁というピンチを・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

関連キーワード検索

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング