週刊ベースボールONLINE

史上最強の監督は誰だ?

現指揮官の監督力CHECK 阪神・矢野燿大

 

特集第3章は現在の指揮官たちの采配がテーマ。タイプ、構想の実現力をチェックするとともに、来季、さらにその先を占っていこう。
※記録、情報は10月11日現在。総合力は5点満点

[2019-]


今は「超積極的野球」を貫くしかない


総合力=3
監督タイプ=温情型

 現役時代は正捕手として2003、05年の優勝に貢献。金本知憲監督の下、最下位に終わった18年オフに二軍監督から一軍監督に昇格した。この18年シーズンは二軍監督としてファーム日本一に導いたこともあって、ファンの大きな期待に拍車が掛かっての船出だった。

 二軍監督時代に掲げた「超積極的野球」を一軍でも継続。走塁ミスをしてもとがめない方針を打ち出した。さらに練習でも自主性を重んじ、選手たちを信頼し、大人扱い。その成果はまずは走塁面で表れた。長年走塁には難があると言われた阪神が、19年シーズンにリーグNo.1の盗塁数。また、投打に多くの若手を登用して選手層の底上げを図り、シーズン終盤に6連勝を飾りCS進出の3位に入った。今季も走塁面を中心に積極的野球を続けており、盗塁数はリーグ1位(65個)となっている。

 一方で課題なのが・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

関連キーワード検索

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング