週刊ベースボールONLINE

最速に挑む。100マイル超えの男たち

速球王カタログ 160キロを超えた男たち

 

現在、速球王の基準は100マイル、160キロ超えになる。ここではNPB現役選手のキャリアを紹介する。抑え投手が多い中、ソフトバンク先発・千賀滉大の161キロは光る。(DeNAのエスコバーはインタビューあり)

【165キロ】コルニエル [広島/2021年]



 6月20日のDeNA戦(東京ドーム)の5回、二死一、二塁で大和にカウント0-2から投じた外角高めのストレート(空振り三振)で165キロをマーク。大谷翔平(現エンゼルス)が日本ハム時代の2016年に記録したNPB最速に並んだ。ドミニカ共和国出身だが、上半身に頼った感じでない日本人的なフォームで投じるのが特徴。

【164キロ】T.ビエイラ [巨人/2020年]



 ブラジル出身選手で4人目のメジャー・リーガーとなった右腕。「最速167キロ」の触れ込みで昨季来日し、当時は制球難だったが確かに速かった。日本シリーズではPayPayドームで164キロを計測。誰もが認める練習の虫で、その後、制球にも磨きがかかり、今季のストレートのアベレージは156.7キロ。現在はクローザーを任されるまでに成長した。

【163キロ】スアレス [阪神/2021年]



 淡々と150キロ後半の真っすぐを投げ込み打者を圧倒する虎の絶対的クローザー。昨季は150キロ台後半が多かったが、今季は160キロを計測する試合も多い。特に中2日以上登板間隔が空いたときなどは、ギアを上げ、常時160キロを超えてくる。そして6月8日の日本ハム戦(札幌ドーム)で、自己最速&球団最速となる163キロを計測した。

【162キロ】藤浪晋太郎 [阪神/2020年]


 高校のときには夏の甲子園決勝で153キロを出した剛腕。今季は・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング