週刊ベースボールONLINE

2021ドラフト特集 「10.11」を待つ有力候補チェック

大胆予想!!ドラフト1位候補12人 「将来性」の高校生に「実戦派」がひしめく大学生「即戦力」の社会人に絞るか!?

 

プロ野球ドラフト会議は10月11日に開催される。アマチュア球界からの強い要望により、例年よりも早い日程が組まれている。仮に指名漏れとなった場合、次の進路へ切り替える時間を設けるためだ。すでにスカウト戦線も最終段階に入っており、ドラフト1位候補を探っていく。

風間球打[明桜高/投手]


達孝太[天理高/投手]


小園健太[市和歌山高/投手]


 今夏にドラフト1位の立場を有力としたのが、明桜高の157キロ右腕・風間球打だ。甲子園では本来の投球を見せることができなかったが、秋田大会でのインパクトは十分。角度のあるボールに、スピンの利いたストレートはまさしく将来性抜群だ。素材型では天理高の193cm右腕の天理高・達孝太も大きな可能性を秘めている。投球センスに長けており、MLB志向も強く持つ意識の高さも魅力だ。高校生ながら「完成度」において、最も高い評価を受けているのが市和歌山高の152キロ右腕・小園健太である。今夏は全国制覇を遂げた智弁和歌山高との和歌山大会決勝で惜敗も、ゲームメーク能力の高さが光る。甲子園の土は踏めなかったが・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング