週刊ベースボールONLINE

日本シリーズ全戦 完全詳報&徹底解説

【2021日本シリーズ 第2戦】青木宣親が仕掛けた巧妙な罠(解説=井端弘和)

 

激戦となった日本シリーズ全6戦を、東京2020オリンピックで日本代表コーチを務めた井端弘和氏が徹底解説。現役時代は5度のシリーズ経験(日本一1度)を持つ“名手”が、勝敗を分けたポイントに迫る。
解説=井端弘和(東京2020オリンピック日本代表コーチ)

両軍無得点で迎えた8回表、ヤクルトは二死一、二塁から青木宣親がセンター前へ適時打を放ち先制に成功する


11/21(日) 第2戦@京セラドーム
18:00開始 2時間56分 1万7075人
オリックス0-2ヤクルト

[ヤ]P〇高橋-C中村
[オ]P●宮城、吉田凌バルガス-C伏見


“投げさせた”1球


 第1戦と同様に、内容の濃い試合でした。初回から5回まで毎回安打が出たオリックスとは対照的に、ヤクルトは宮城大弥の前に5回までパーフェクトに封じられます。ヤクルトが押されているように見えましたか? 私は逆です。確かに、展開的にはオリックス有利。でも、回を重ねるごとにオリックス側は嫌な感覚に陥っていたのではないでしょうか。安打(先頭は3度出塁)が出るのに、二塁止まりで得点につながらない。安打が出ていますから、高橋奎二を打てていないわけではないので、ベンチは攻撃時、思い切った指示を出しにくいんです。

 逆にヤクルトは・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

特集記事

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング