週刊ベースボールONLINE

日本シリーズ全戦 完全詳報&徹底解説

【2021日本シリーズ 第4戦】1つの球種が3倍に。41歳左腕がかけた魔法(解説=井端弘和)

 

激戦となった日本シリーズ全6戦を、東京2020オリンピックで日本代表コーチを務めた井端弘和氏が徹底解説。現役時代は5度のシリーズ経験(日本一1度)を持つ“名手”が、勝敗を分けたポイントに迫る。
解説=井端弘和(東京2020オリンピック日本代表コーチ)

ヤクルトの41歳の先発・石川雅規は6回77球、被安打3、与四球1の5奪三振、1失点(自責はゼロ)。吉田正尚杉本裕太郎を無安打に封じるなど、オリックス打線を翻弄。勝利の立役者となった


11/24(水) 第4戦@東京ドーム
18:00開始 2時間50分 2万617人
ヤクルト2-1オリックス

[オ]P山崎颯、●増井、比嘉、富山、ヒギンス-C若月、伏見
[ヤ]P〇石川、石山、清水、マクガフ-C中村
[本]サンタナ(ヤ/2回裏ソロ)


目の前の1球、打者……


 41歳のベテラン左腕・石川雅規の真骨頂が発揮された試合でした。のらりくらりと慎重にコーナーを出し入れしたかと思えば、簡単にストレートでストライクをポンポンと奪う。6回で降板するまで5つの三振を奪っているのですが、すべて4球以内で片付けたものです。3球三振も2つあったように、慎重かつ大胆に、オリックス打線を翻弄しました。

 そうなると打者は慌てます。結果、当てにいくような打撃になる。130キロにようやく届く程度の球速の投手に対し、オリックス打線が受け身になっているのが見てとれました。それこそ石川の思うツボで・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

特集記事

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング