週刊ベースボールONLINE

注目選手クローズアップ【大学生編】

侍ジャパン指揮官が認めた大器 山田健太(立大・内野手) 同級生の背中追う大型二塁手

 

3月5、6日の侍ジャパン強化試合(対台湾、東京ドーム)が開催されていれば、かつての同僚と共闘するはずだった。そこには栗山英樹監督の“思惑”があったわけであるが、トップチームに選出されただけでも、1選手として飛躍する機会となった。
取材・文=岡本朋祐 写真=古賀恒雄

立大の主将で四番とチームの顔。100人以上の部員を束ねるリーダーとして、心の成長も著しい


 2018年に史上初、2度目の春夏連覇を遂げた大阪桐蔭高は「最強世代」と言われた。V戦士の根尾昂(4球団競合で中日1位)、藤原恭大(3球団競合でロッテ1位)、横川凱(巨人4位)、柿木蓮(日本ハム5位)がプロ入りする中で、不動の二塁手・山田健太は早くから大学進学を志望。立大で4年間、東京六大学の本拠地・神宮で鍛錬を重ね、ドラフト指名を受けるビジョンを描いていた。立大・溝口智成監督は言う。

「入学してすぐ、山田に『目指すところはどこなんだ?』と聞くと『最上級生では主将として引っ張り、何としてもプロへ行きます』と。相当な覚悟でしたので『それなりの要望は、させてもらう』と。こちらから言うまでもなく、練習をする選手であり、取り組む姿勢も良い」

 1年春からレギュラーで、3年秋までに現役最多の62安打を放っている・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

特集記事

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング