週刊ベースボールONLINE

甦る強竜魂 立浪ドラゴンズに魅せられて

<DAY WATCH>4.29-5.8 黄金週間のドラゴンズ日記

 

広島DeNA阪神と対戦したゴールデンウィーク。5月6日の阪神戦では大野雄大が10回二死まで完全投球を披露した。5勝4敗と勝ち越した9試合を本誌D担当が振り返る。
写真=BBM

完全試合の快挙は逃したが、完璧な投球でチームに勝利を呼び込んだ大野雄


4月29日(金)


D0-1C

大瀬良の前に打線が沈黙で3連敗。先発の高橋宏[左から2人目]を援護できず


 ここまで24試合を戦い終えて12勝12敗。ちょうど5割でドラゴンズは黄金週間を迎えることになった。2日前の阪神戦(甲子園)で右ヒザ付近に死球を受けた大島洋平が登録抹消。首位打者を走っていたリードオフマンの欠場は痛いが、開幕から左足首捻挫で戦列を離れていた高橋周平が復帰。立浪和義監督はその高橋周を三番・二塁でスタメン起用し、阿部寿樹を左翼に回した。おそらく今後はこの起用が基本線となっていくはずだ。

 本拠地バンテリンに広島を迎えての3連戦は、高橋宏斗堂林翔太という豊田シニア、中京大中京高の先輩後輩対決で名古屋らしく始まったが、高橋宏はその堂林に5回に打たれた一発に泣いた。打線も大瀬良大地の前にわずか2安打。二塁も踏めず四球も奪えず、1対0の完封負けに終わって広島に球団通算4500勝をプレゼントしてしまった。「2安打では何ともならない。本当に何もない」と立浪監督。一球の怖さを味わった高橋宏だが、大瀬良の投球から学ぶことは多かったはずだ。

4月30日(土)


D4-2C
 2点リードの7回に一死一、三塁のチャンスで追加点を奪えなかったことが、8回に同点にされた要因の気がする。開幕から10試合連続無失点のヤリエル・ロドリゲスは責められない。そして広島も同点に追いついてなお一死一、三塁ながら勝ち越せなかったことが、直後に逆転された要因となった。ロドリゲスが2者連続三振で踏ん張ったのだ。決勝打は加藤翔平。一死満塁から中前に弾き返した。加藤匠馬とのトレードでロッテから移籍してきたのは昨年6月。大西崇之三塁コーチャーから「男になって来い!」と送り出されて、見事に男になった。

 4連敗を阻止して勝利を呼び込んだのは立浪監督の積極采配だ。鵜飼航丞岡林勇希石川昂弥を一番から三番に並べ、5回には足の切り札・高松渡を早くも投入し、その高松がこの日チーム3盗塁目に成功。野手16人と投手5人をつぎ込んだ総力戦をものにした。「悪いときは待っていてもダメなので動きました」と語る立浪監督は、ホトトギスを鳴かせてみせる秀吉タイプだ。

5月1日(日)


D4-0C
 4回まで92球。制球力が持ち味の柳裕也にしては異常な球数だ。それでも柳は・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

特集記事

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング