週刊ベースボールONLINE

12球団交流戦通信簿

ロッテ・打線の爆発も先発が大誤算/12球団交流戦通信簿

 

今年の交流戦もソフトバンクが強かった。通算8度目の勝率1位。この号の締め切り6月23日現在、まだ全日程は終了していないが、ここで12球団の戦いを検証してみたい。

ド派手な勝利もあったがパ・リーグ最下位に終わったのは痛い


 攻撃陣に爆発力があるところを見せ、何とか最後に帳尻を合わせた。

 6月16日の中日戦(ZOZOマリン)では5点を追う9回に大逆転のサヨナラ劇を演じ、広島ヤクルト相手に4発を浴びせて勝利をもぎ取った試合もあった。けん引したのは交流戦では12球団最強だった一、二番、荻野貴司鈴木大地だ。一番・荻野は打率.368に6盗塁、二番・鈴木も.368、6本塁打17打点。6月22日のヤクルト戦(神宮)ではともに4安打3得点、鈴木は2本塁打4打点とまさに2人で勝利をもたらした。

 一、二番を中心に多くの好機を作りながら、あと1本が生まれず勝ち切れなかったのは・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

HOT TOPICS

球界の気になる動きを週刊ベースボール編集部がピックアップ。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング