週刊ベースボールONLINE

CS進出争い最終局面

“三つ巴の争い”に待った!栗山ファイターズ 最下位からの逆襲

 

8月にチームワーストタイの20敗を喫するなど、大失速となってしまった日本ハム。CS争いからも脱落かと思いきや、9月戦線で息を吹き返してきた。粘り強さが武器の栗山ファイターズが、三つ巴の争いに待ったをかける。
※成績・記録は9月8日時点 写真=小山真司


 何とか踏みとどまった。日本ハムが“特別な日”に価値ある1勝を手にした。9月6日のオリックス戦(札幌ドーム)。北海道胆振東部地震からちょうど1年の節目に、連敗を8で止めた。栗山英樹監督は「皆さんに元気になってもらおうと思ってやっていますけど、逆にそういった皆さんからも含めて力をもらっていると感じた」。戦い方を見失っていた優勝候補のはずだったチームは、自分たちらしさをよみがえらせた。そこから一気に本拠地でオリックスに3連勝を決めた。絶望的だったCS進出への望みを復活させ、熾烈な3位争いに再び名乗りを上げた。

 どん底は抜けた。勝負の夏場の急失速は想定外の負けっぷり。投手陣は先発が踏ん張れず、継投もはまらない負のスパイラル……。攻撃も中田翔の故障離脱で飛び道具である本塁打が激減。発展途上の渡邉諒清宮幸太郎ら若手も苦闘が続いた。負けられないプレッシャーが日々重くなる中で守備も崩壊。堅守をベースに強固な投手力で、したたかに白星を積み上げてきた常勝軍団の姿は影を潜め・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

関連キーワード検索

HOT TOPICS

球界の気になる動きを週刊ベースボール編集部がピックアップ。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング