週刊ベースボールONLINE

悲喜こもごも「運命の1日」ドラフト全史

【1995年ドラフト】大注目の怪物・福留孝介は7球団競合で近鉄が交渉権。注目の仁志敏久と高木大成は巨人と西武/ドラフト全史1965-2018

 

今年もまた、ドラフト会議がやってきた。1965年秋からスタートし、55回目。制度をさまざまに変えながら歴史を紡いできた。ここでは2018年の会議まで1年ごとに振り返っていく。

7球団が競合した福留の指名をくじで引き当てた近鉄の佐々木監督[左]


 ドラフト前から「意中の球団は巨人中日」と公言していたPL学園高の福留孝介。それでも「10年に1人の逸材」という評価で最大の注目選手だった。

 意中の球団以外であれば日本生命に行くことも語っていた福留にも関わらず、ドラフト当日、ヤクルト、近鉄、日本ハムロッテオリックスの7球団が1位入札。高校生としては、1985年の清原和博(PL学園高)の6球団指名を上回る史上最多の入札となった。

 運命のくじ引きで交渉権を獲得したのは近鉄。くじを引いた佐々木恭介監督は交渉権を獲得時に「ヨッシャー!」の声を張り上げた。しかし・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

HOT TOPICS

HOT TOPICS

球界の気になる動きを週刊ベースボール編集部がピックアップ。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング