週刊ベースボールONLINE

12球団の育成プランを探れ

2020ルーキー始動!12球団の育成プランを探れ【パ・リーグ編】

 

2月1日のキャンプインに向け、12球団のルーキーたちが準備を進めている。即戦力としてフル回転することを期待されている選手もいれば、焦らずじっくりと育成すべき素材もいる。それぞれ、どんな未来予想図を描いているのだろうか。各球団が独自のカラーに沿って進める育成プランに迫った。

ロッテはこちら→ロッテ・球団をあげて特大の原石を磨く

日本ハム・積極的に実戦を積ませながら育成


1年目から先発ローテ入りが期待されるドライチ左腕の河野/写真=川口洋邦


 促成栽培したい即戦力の新人がそろった。ドラフト1位の河野竜生は社会人のJFE西日本で実績と土台を築いてきただけに、早い段階で一軍での登板機会を与えられるのは間違いない。さらなる成長に必要なのはプロでの経験値。昨季の吉田輝星のようにタイミングを計って一軍レベルを体感することが即戦力左腕の成長促進剤となる。河野を含めて大学・社会人出身の4投手は春季キャンプ中から積極的に一軍での実戦マウンドが用意され、そこで結果を残せれば開幕一軍スタートの可能性も十分にある。一方で野手のルーキーはまずは二軍を主戦場にして、じっくりと土台固めからスタートすることになりそうだ。

 一、二軍で常に試合に出続ける環境を与え、選手の長所を伸ばし、課題克服にチャレンジさせるのが日本ハムの・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

HOT TOPICS

球界の気になる動きを週刊ベースボール編集部がピックアップ。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング