週刊ベースボールONLINE

藤川球児 現役引退

藤川球児現役引退会見

 

8月31日、阪神の谷本球団本部長が会見で「藤川球児今季限りで現役引退」を公表。翌1日、西宮市内で「引退会見」が行われた。2005年に「JFK」という「勝利の方程式」でリリーバーとしてブレーク。ホップする、分かっていても打てない「火の玉ストレート」で、クローザーとして積み上げたセーブは日米通算245。希代のクローザーが22年間の現役生活に幕を下ろす。

2020.09.01 西宮市内ホテル

現役引退会見(一部抜粋)


──引退を決断された率直なお気持ちをお聞かせください。

藤川 プロに入って最初に引退を考えたのが27歳ぐらい。そういうポジションなので、そういう気持ちでやっていましたけど。アメリカで解雇にもなりました。回数は多いですけど、去年終わった段階で、自分へのチャレンジに勝ったという認識なんですよね。あとはチームに貢献する。自分じゃなくても、チームにとって、タイガースにとって、いい選手、使える選手、強いコマとして出てくれる選手があれば、もうそれでいいという思いでやってました。必然というか。1年間体の準備が整わないというのは、プロとして失格ですからね。

──最終的に引退を決断した時期を教えてください。

藤川 時期? 毎日(笑)。8月……、伝えたのは8月ですね。それ以前に球団の方とお会いしてたら、それ以前だったかもしれない。どちらにしても今シーズン限りとは思っていました。

──決断した一番の理由は。

藤川 6連戦中で6試合すべて登板する準備にあたるというのが僕のモットー。この前、今年か、シーズンが始まって準備していく中で連投、2回連投になることですら『アレ?』と思ったんですよね。これは体がおかしいと。例年『お迎えが近いぞ』というのは思ってたんですけど。まあ、前向きに倒れようという覚悟で常にやっていますから、いよいよ来たなあという感じでしたね。

──右腕はどのような状態なのでしょうか。

藤川 状態に関しては、・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

HOT TOPICS

球界の気になる動きを週刊ベースボール編集部がピックアップ。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング