週刊ベースボールONLINE

プロ野球キャンプガイド

【12球団キャンプ情報】中日・指揮官が競争激化を予告!

 

今年も一軍キャンプは北谷で実施。選手たちは黙々と自らのテーマに向き合い、汗を流す


Dキャンプ 3つのCheckポイント


1 激しい外野争いを制するのは?
2 OB立浪和義氏が臨時コーチで参戦
3 練習試合&OP戦は生き残りレースに

チーム内の底上げを


 3年契約の3年目。チーム戦力を十分に把握した与田剛監督は今季の優勝に手応えをつかんでいる。そしてそれを実現させるためにもこの春季キャンプが重要になると位置づけている。大きな補強はない。阪神を戦力外となった福留孝介を、ガーバーロサリオの投打助っ人2人を獲得したが、それよりもチーム内の競争激化によるレベルアップに期待をかけている。

 内野陣はビシエド阿部寿樹高橋周平京田陽太で固定されているように見えるが、ここに根尾昂石垣雅海石川昂弥ら若竜たちがどこまで迫れるか。そのために必要なのは何よりも打撃力の向上だ。彼らの助けになるのは臨時コーチを務める立浪和義氏。レジェンドOBの指導を受けて飛躍へとつなげられるか。

 内野以上にチャンスが転がっているのは・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

HOT TOPICS

HOT TOPICS

球界の気になる動きを週刊ベースボール編集部がピックアップ。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング