週刊ベースボールONLINE

チームに勢いをもたらすRELIEVER INTERVIEW

ソフトバンク・泉圭輔インタビュー 無意識に力を込めて 「点を取られずにかえっていくのがリリーフの仕事」

 

12球団屈指の安定感を誇るリリーフ陣の中で、三振の山を築くセットアッパーのL.モイネロ、タフネスクローザー・森唯斗にも引けを取らない存在感だ。普段は笑顔いっぱい、あどけない表情を見せる24歳。だが、マウンドに上がれば、ピンチにも動じない頼もしさが光る。
取材・構成=菅原梨恵 写真=小山真司、湯浅芳昭

4月17日、18日の西武戦[メットライフ]でも連投。17日の登板では二死一、三塁のピンチを招いたが後続を断ち、18日は3者凡退でピシャリ


少しずつ“プロの投手”に


 4月25日現在、登板数14試合は、チームメートの嘉弥真新也と並んでリーグトップ。しかも、失点はゼロだ。得点圏での被打率.091(11打数1安打)という数字も、今季の泉圭輔の頼もしさを物語る。このままのペースで投げ続ければ、球団記録のシーズン72試合を超えることになるが、「いけるところまでいってみたい。投げさせてもらえるなら投げます」と、右腕は力強く言い切った。

――開幕から無失点登板が続いています。

 1戦1戦、目の前の試合を全力で投げていく中で無失点が続くというのはいいことだと思います。どこまで続くかは分からないですけど、どんな状況でも自分がやることは一緒。調子も今はいいですし、少しでもこの状態をキープできたらいいなと思います。

――ここまでは勝っている、負けている、イニングの頭、途中など、試合の展開に関係なく投げてきています。泉投手自身は、中継ぎでの自分の役割をどうとらえていますか。

 昨年もそうでしたが、さまざまな場面を任せてもらっています。自分として目指しているのは・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

HOT TOPICS

球界の気になる動きを週刊ベースボール編集部がピックアップ。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング