週刊ベースボールONLINE

12球団厳選 ファンに愛されし男たち

ファンに愛されし男たち【パ・リーグ】

 

今年のペナントレースも残りわずかとなってきたが、選手にとって最も力になるのはファンの声援だ。ここではその声援がチームの中でもひときわ高く、ファンを愛し、ファンに愛されている12人をピックアップ。どの選手も生え抜きの実力者であり、熱いハートの持ち主である。
※年齢は2021年の満年齢。成績ほか情報は9月30日現在

T-岡田 待ちわびる“浪速の轟砲”


T-岡田[オリックス/外野手・33歳/16年目]


 雰囲気を変える力がある。2016年の開幕直後に不振で二軍降格し、再昇格を果たして代打がコールされると、トランペットが鳴り響く前に拍手が自然発生。常にスタンドは背番号55を待ちわびている。19年も腰痛で二軍暮らしが続いていた男が、本拠地最終戦で代打で登場すれば大声援が送られた。FA移籍も考えた男を、つなぎとめたのは、この声援にほかならない。「待ってくれている人がいる」。だから、ライトスタンドに豪打を届ける。

[2021成績]97試76安15本60点1盗、打率.249
[通算成績]1285試1162安201本698点31盗、打率.260

荻野貴司 悲願の歓喜へ走り続ける


 異例の応援歌を忘れない。新人年の2010年、開幕から46試合で25盗塁と鮮烈デビューも故障離脱すると・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

HOT TOPICS

球界の気になる動きを週刊ベースボール編集部がピックアップ。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング