週刊ベースボールONLINE

篠塚和典の連続写真に見るプロのテクニック

【連続写真】阪神・近本光司「下半身主導と右ヒザの余裕◎右ヒジの使い方でさらに確率アップ」

 



 昨季はリーグ4位の打率.313と最多安打をマークした阪神のリードオフマン、やはり自然体のいい打ち方をしています。

 リラックスした[1]の構えから右足を上げながらグリップを引いていき、ステップしながらトップの形ができ上がった[7]でもグリップの位置が頭から遠ざかり、右足を着いたときにボールから十分に距離がとれています。当然、投手は打者を崩そうとするわけで、落ちるボールやチェンジアップといった変化球には泳がされることになりますが・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

連続写真に見るプロのテクニック

連続写真に見るプロのテクニック

元プロの野球解説者が現役選手の打撃フォーム、投球フォームを連続写真をもとに解説。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング