週刊ベースボールONLINE

道具の流儀 2019

阪神・メッセンジャー ナイキのスパイク 32センチの完全にフィットするスパイク。NPB通算100勝はこの逸品とともに

 

プロフェショナルたちのこだわりのギアに迫る連載“道具の流儀”。第3回は阪神で10年目のシーズンを迎えたエース、メッセンジャーのスパイクだ。あこがれであるアメリカのスーパースター、元NBAのマイケル・ジョーダンが考案したNIKEの「Jordan13」をさらに“メッセ仕様”にして、自分の足と同じ感覚に仕上げている。
取材・文=椎屋博幸 写真=毛受亮介、前島進

メッセンジャーのスパイクはハイカットのJordan13で右足つま先部分が一番擦れるため、そこにしっかりとしたラバーが貼られている


 ユニフォームのズボンで覆われているスパイクの上部がどうなっているのか。ローカットなのか、ハイカットなのか……。

 今季日米通算100勝を挙げた阪神のエース、メッセンジャー。日本で10年目となるシーズンは、新しい型のスパイクで臨んでいる。小さいころからあこがれの存在で、尊敬する元NBAのスーパースターのマイケル・ジョーダンがモデルとなっているナイキの「Jordan13」のスパイクを使用。市販でも売られているハイカットのスパイクだが、細部にはメッセンジャー流のこだわりが取り入れられている。

「僕は体が大きい割に、足幅は細いんだ。今年のモデルはこの幅を細めに作ってもらってより足にフィットするようにしてもらったんだ」

 それと同時に・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

道具の流儀

プロフェッショナルたち(選手、コーチ、スタッフ含む)のこだわりの道具、ギアをクローズアップ。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング