週刊ベースボールONLINE

オーロラビジョン

阪神・ガンケル 制球力に自信あり/チームに新風を吹き込め

 

コーナーを丹念についてゴロで打ち取るスタイルのガンケル。先発入りを目指しオープン戦でも結果を出していく



 新外国人で先発候補のジョー・ガンケルが早い仕上がりをみせている。2月中旬のシート打撃登板ではボールが高めに浮く場面も目についたが、ここまでは順調にきている。

「アメリカではメジャーでプレーできなかった。やはり自分を求めてくれるチームで投げるのが一番だと思ったんだ」

 28歳の大型右腕。オリオールズ、ドジャース、マーリンズなどマイナー・リーグに在籍したが、メジャー経験がないのは珍しい。

 ガンケルをチェックした他球団のスコアラーは、広島などNPBで通算45勝の「バリントンのようなタイプ」と評価する。

 実戦に入ったガンケルは「内、外、ストライクゾーンからボールに、ボールからストライクに投げ分けることができる」と強みを強調した。

 マイナー通算172試合に登板し、与四球率1.49が示すように制球力には自信をもつ。確かに来日初のキャンプでもボールがばらついた様子はうかがえない。最大の武器はシンカーで「打者のタイミングを崩したり、ゴロを量産することができる」。

 今季の先発ローテーションの顔ぶれは、メッセンジャーの引退で刷新される。不透明な部分が多いが、ガンケルの投球にメドが立てば心強い。「まだボールが高めに浮くケースも多いが、これから修正していく」と先発枠入りに向けて段階を踏んでいく。

関連情報

週べ・オーロラビジョン

週刊ベースボール各球団担当による、選手にまつわる読み物。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング