週刊ベースボールONLINE

オーロラビジョン

阪神・望月惇志 先発ローテに入りファンを喜ばせる投球を/わがチームの速球王

 

下半身を使った投球で安定感を身に付け先発ローテ入りを目指す望月


 高卒から早くも5年目のシーズンを迎えた望月惇志。競争の激しい若手の中、先発ローテーション入りをつかむチャンスを目前にしている。

「少しでも名前を入れてもらえるように頑張りたいです。1球で打者を仕留められるようなボールに磨きをかけたいです」

 沖縄キャンプ後の実戦でも球速153キロを計測するなど、190センチの長身を生かした真っ向から投げ下ろすストレートは魅力的だ。
 若手台頭に矢野監督も「いい球が増えてきている。もう1ランク上がってきてほしい」と称賛しつつ、さらなる注文をつける。

 望月の潜在能力の高さは金本前監督から認められていた。新人だった16年に「エース候補だね」と見初められた。しかし、翌17年に腰部ヘルニア手術を受け、シーズンを棒に振った。その後も右ヒジ痛など故障に見舞われた。

 それでも昨季プロ初勝利を挙げたことで自信をつけ、2020年シーズンを迎えようとしている。課題はまだまだ多いが、自己最速159キロの直球がビシビシと決まったときの投球は、まさに圧巻だ。

 ベテランの藤川球児には「下半身の使い方を教えてもらいました」。山本昌臨時コーチにも「うまく体重移動することを言われた」という。

 先輩たちからの共通した課題をクリアし、恵まれた体格を生かしたピッチングができれば、念願の先発ローテ入りは見えてくる。

 望月は「ファンに喜んでもらえるような試合をしたいです」と前を見据える。若虎がまさに勝負の年を迎えた。
週べ・オーロラビジョン

週べ・オーロラビジョン

週刊ベースボール各球団担当による、選手にまつわる読み物。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング