週刊ベースボールONLINE

オーロラビジョン

楽天・岸孝之 不本意なシーズンからの巻き返しへ/このままでは終われない

 

雪辱を誓う


 誰よりも悔しい思いをしたのは、本人に違いない。4年契約の3年目となる昨季。岸孝之は15試合に登板し3勝5敗、防御率3.56という成績に終わった。

 西武から移籍後、初めて開幕投手を務めた。しかし、その試合中に左太もも裏を痛めて緊急降板。5月に復帰を果たすも、7月にはへんとう炎で再び戦線を離脱した。シーズンで1試合も完投できなかったのは、プロ13年目で初めてだった。「ケガから始まって、復帰して投げても勝てず。また復帰して投げても勝てず。本当に申し訳ないシーズンだった」

 巻き返しを狙った今季。1月の合同自主トレでは藤平らと精力的に汗を流し、万全の状態でキャンプインした。沖縄・久米島キャンプでも意欲的な調整を続けてきたが3月18日、腰の張りを訴えて離脱に追い込まれた。

 コロナ禍で、当時から開幕の見通しは立っていなかった。「また一から作り直すことになるかもしれないので、そんなにあわてずにというか。しっかり治す方向で対処することになりました」。伊藤投手チーフコーチは治療を最優先させる方針を示した。

 ただ、状態は思ったほど悪くないようだ。ブルペン投球などで慎重に調整を進めた右腕は、離脱から10日後の28日、泉の二軍練習場で離脱後初めて打撃投手を務めた。堀内と石原へ約40球。初球からどんどん直球を投げ込み、両打者が差し込まれる場面もあった。

 離脱前には「とにかくチームの優勝に貢献できるように」と語っていたエース。人一倍、責任感の強い男は、その目標の実現に向けて一歩一歩、着実に前進していく。

写真=BBM

関連情報

週べ・オーロラビジョン

週刊ベースボール各球団担当による、選手にまつわる読み物。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング