週刊ベースボールONLINE

プロ野球デキゴトロジー/5月27日

ダイエー・和田毅が開幕2カ月で5球団から勝ち星【2003年5月27日】

 

奪三振も189回に対し195と多かった


 プロ野球の歴史の中から、日付にこだわってその日に何があったのか紹介していく。今回は5月27日だ。

 早大のエースとして、東京六大学リーグの奪三振記録を塗り替えた松坂世代の左腕・和田毅。2003年自由獲得枠でダイエーホークスに入団すると、開幕から先発ローテーションに入り、順調なスタートを切った。

 5月27日の近鉄戦(大阪ドーム)は03年、9試合目の登板だが、すでに4球団から勝ち星を挙げ、あとは近鉄だけとなっていた。ここまで5勝2敗、その2敗が近鉄だった。

 それでもこの日は、「3度目の正直と低めでゴロを打たせることを心がけました」(和田)と、強打の“いてまえ打線”を起こさぬよう、慎重に、慎重に投げた。

 4回裏には中村紀洋に2ランを浴びたが、「いつも紙一重のところに投げているから」と平常心でその後も投げ切り、7回を2失点。味方打線が6点を援護し、和田は6勝目。これで5球団からの勝利となった。

 同年は14勝5敗で新人王。阪神との日本シリーズでは第7戦に完投勝利をし、胴上げ投手にもなっている。

写真=BBM

関連情報

週刊ベースボール編集部

週刊ベースボール編集部が今注目の選手、出来事をお届け

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング