週刊ベースボールONLINE

プロ野球1980年代の名選手

フィルダー “大型扇風機”からメジャーの本塁打王へ/プロ野球1980年代の名選手

 

1980年代。巨人戦テレビ中継が歴代最高を叩き出し、ライバルの阪神はフィーバーに沸き、一方のパ・リーグも西武を中心に新たな時代へと突入しつつあった。時代も昭和から平成へ。激動の時代でもあったが、底抜けに明るい時代でもあった。そんな華やかな10年間に活躍した名選手たちを振り返っていく。

石井晶コーチの打撃指導で覚醒


阪神・フィルダー


 1985年、“猛虎フィーバー”に沸いた阪神。その後も21世紀に入って2度のリーグ優勝を果たしたが、日本一を逃したこともあるのか、この85年をしのぐフィーバーだった印象はない。同時に、85年が突出したイメージを残しているのは、その後の阪神が、徐々に歯車が噛み合わなくなり、2年後の87年から2年連続で最下位と、急転直下、“ダメ虎”と揶揄されるまでに転落していったこともあるだろう。

 実際、運命の女神に見放されるどころか、積極的に嫌がらせをされているかのように、何をやってもうまくいかなくなった。85年から2年連続で三冠王に輝いたバースは、大騒動の末、88年シーズン途中に帰国して、そのまま退団。そのオフには“ミスター・タイガース”掛布雅之が引退していった。

 そこで阪神が新たに獲得した外国人選手がフィルダーだ。バース、掛布の穴を埋める存在として期待され、バースの背番号44を継承した25歳の強打者。猛虎復活を期待させる成績を残したが、そこは当時の阪神、またしても運命に突き放されたような結果に終わる。ただ、この若き外国人選手にとっては、阪神で過ごした89年は、長距離砲として大成するために必要不可欠な1年だったはずだ。

 ブルージェイズでは4年で31本塁打も、レギュラー確保はならず。阪神では2月のキャンプでは特大本塁打を連発するも、来日したときは大幅にウエートオーバー。大好きな肉を我慢して、魚介類やジャパニーズ・ヌードル(うどん)でダイエットに励んだものの、オープン戦では最初の2試合で7三振。“大型扇風機”という不名誉なニックネームをつけられる一方、巨人と広島のスコアラーは「内角の速球は打てない」と分析している。

 身長188センチ、体重101キロの巨体に埋もれていた才能を掘り出したのは石井晶コーチだった。現役時代は低迷する阪急を支え続けた強打者だ。日本人投手の“かわす”投球に翻弄され、ボール球に手を出して凡退していたものが、苦手の内角と落ちる球を克服、好球を待てるようになると、才能が覚醒するのに長い時間は必要なかった。

 迎えた開幕戦、4月8日の広島戦(広島市民)では、85年のバースと同じ「三番・一塁」で先発出場。4点ビハインドの8回表、金森永時の2点適時打に続いて来日1号となる逆転3ランを放って阪神10年ぶりの開幕戦勝利に導く。しばらくの沈黙を挟んで、28日の広島戦(甲子園)で2号、5月2日の巨人戦(東京ドーム)では推定飛距離160メートル、左翼席上部にあるキングコングの広告を直撃する同点4号2ラン。そのまま本塁打の量産体制に入った。

バットを叩きつけて自爆、そのまま退団へ


 89年の本塁打王は同じく来日1年目、ヤクルトパリッシュだったが、8月までは独走していた。特に最下位を争う(?)大洋に強く、7月20日の大洋戦(横浜)では同一カード8試合連続本塁打のプロ野球新記録。8月13日の大洋戦(横浜)では3打席連続本塁打も放ち、2発目と3発目は左翼席の上空へと消える場外弾だった。最終的には38本塁打で、うち16本は大洋戦でのもの。大洋は5年ぶりの最下位に沈み、阪神が最下位を脱出する起爆剤となったことは確かだったが、やはり当時の阪神だ。9月14日の巨人戦(東京ドーム)の第4打席で三振に倒れると、悔しさで地面に叩きつけたバットが跳ね返り、指に当たって骨折。そのまま離脱した。

 本塁打王争いでもパリッシュに2本、中日落合博満に11本の差をつけていたが、2人に抜かれて3位に。しかも、オフにメジャー数球団からオファーが届くと、阪神との2年契約を解除して、タイガースはタイガースでも、88年に阪神と友好関係を結んだばかりのデトロイト・タイガースへと移籍。球団幹部が渡米して慰留の交渉も、わずか1時間半で決裂した。

 翌90年はメジャー13年ぶりに50本塁打を超え、以降2年連続で本塁打王、3年連続で打点王。巨人で活躍したガリクソンも在籍していたことから、日本からの“出戻り組”としても注目されている。

写真=BBM

関連情報

週刊ベースボール編集部

週刊ベースボール編集部が今注目の選手、出来事をお届け

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング