週刊ベースボールONLINE

冷静と情熱の野球人 大島康徳の負くっか魂!!

大島康徳コラム「ファンの声援も外出もない今年のキャンプは大変だと思います」

 

1975年、ブラデントンキャンプでの、与那嶺要監督[左]以下中日ナイン。筆者にとっても、新鮮な体験ができたキャンプだった


 ハンク・アーロン(元ブレーブスほか)さんが亡くなりました。僕は映像でしか知らないんですけれども、王(王貞治、元巨人)さんがホームラン記録で抜くというときにいつも名前が出てきていたので、僕らの世代の、メジャー・リーグのホームラン王と言えば、ハンク・アーロンさんでした。

 それにしても、最近、われわれの知る時代を生きてきたいろんな人が亡くなってしまいますね。しょうがないことではあるんですが、そういう時代になったのかなと思います。

変わってきた自主トレ


 プロ野球界は、いよいよキャンプインです。ただ、2月1日の持つ意味合いというのは、われわれが現役のころとは少し違ってきている気がします。われわれのころは、自主トレを1人でやって、合同自主トレを少しやって、2月1日から「さあ皆でスタート」という感じでしたが、今は「2月1日から紅白戦ができるように仕上げて来い」というチームも多いですから、選手があまりオフの間も体の状態を落としませんよね。まあ、故障を持っている選手などにとっては、かえってそのほうが次のシーズンに入っていきやすいところもあるんですけれども。とにかく今の選手には「ユニフォームを着ている間は毎日がトレーニング期間」という考え方が浸透していますから。

 もう一つ違うのが、今の選手はよく、・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

中日、日本ハムで主軸打者として活躍し、日本ハムでは監督も務めた大島康徳氏が自らの一風変わった野球人生を時に冷静に、時に熱く振り返る連載コラム。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング