週刊ベースボールONLINE

川口和久のスクリューボール

川口和久コラム「菅野智之の復活なくして巨人の優勝なし?」

 

2勝5敗と信じられない成績になっている菅野


元のフォームに戻して


 雨の順延もいいエネルギーと気分転換になったのか、今年の甲子園ではレベルの高いピッチャーが多かった。特に左投手だ。昔は高校生左腕と言えば、粗削りで当然のように言われていたが、完成度も上がっている。京都国際高の森下瑠大、二松学舎大付高の秋山正雲あたりは、すぐにプロで使えるレベルと言ってもいいんじゃないかな。特に気に入ったのが、森下。体の使い方が柔らかく、俺好みのフォームをしている。まだ2年生だから少し先だけど、ぜひカープに入って、森下暢仁と「W森下」になってほしいね。

 この号が出るころには高校野球が終わり、甲子園が阪神に戻っているが、セは首位・阪神と2位・巨人が、どちらもややモタモタしながら2ゲーム差前後で行ったり来たりし、ヤクルトが僅差で追う展開だ(8月27日現在)。巨人が逆転優勝するとしたら・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

川口和久

広島、巨人で活躍した川口和久氏が独自の視点でプロ野球に斬り込む連載コラム。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング