週刊ベースボールONLINE

“一打無敵”のご意見番が球界を斬る 張本勲の喝!!

張本勲コラム「同じパ・リーグでともに戦ったライバル。選手としても監督としても名を残したノムさんこと野村克也さんの思い出」

 

南海時代の野村克也氏。筆者も認める名選手&名監督だった


捕手として三冠王


 現在は春季キャンプの真っただ中だと思うが、各球団とも新型コロナウイルスの影響を受けているようだ。選手やスタッフの感染、あるいは濃厚接触者の疑いがあるとして隔離され、チームとして無事にキャンプを送れているのか心配になる。気をつけるように注意はしていても、こればかりはどこで“もらう”ことになるか分からない。ただ、それでもできるだけの感染対策を続け、自分の身を守っていくしかないだろう。選手たちは外食も禁止だったり、ホテルでは部屋に閉じこもる時間が多くなっているようだが、我慢してキャンプを乗り切ってもらいたい。

 さて、ノムさん(野村克也、南海ほか)が逝って、もう2年になる。2月11日はノムさんの命日だった。1935年生まれだから私の5歳先輩になるのだが、現役時代からノムさんと呼ばせてもらっている。私は東映、ノムさんは南海と、同じパ・リーグでしのぎを削った仲だ。今回はノムさんの話をしよう。

 真っ先に思い浮かぶのは捕手の顔かもしれないが、それ以上に打撃がすごかった。本塁打王が9回、打点王が7回、首位打者が1回で、その首位打者を獲得した唯一の年(65年)に戦後初の三冠王となった。この年は南海が優勝し、リーグMVPにも輝いている。日本シリーズこそ巨人に敗れたものの、ノムさんにとっては最高のシーズンだったろう。

 私はスライディングで手首を痛めたことが響き、この65年はシーズン打率.292とリーグ6位に終わっている。シーズン終了後だったか、ノムさんに「俺が元気だったら三冠王なんて獲れていませんよ」と軽口をたたいたら、返事は・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

張本勲

張本勲

球界きってのご意見番として活躍する野球評論家の張本勲氏が週刊ベースボールで忖度なしの喝を発信。球界の未来を考えた提言を展開する。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング