週刊ベースボールONLINE

“一打無敵”のご意見番が球界を斬る 張本勲の喝!!

張本勲コラム「優勝予想はセが巨人、パがオリックス。対抗はヤクルトとソフトバンクになる。阪神は監督退任発表が響いて4位だ」

 

今季から新たに3年契約を結んだ原監督[右]。セは巨人が優勝候補の筆頭だ[写真=BBM]


巨人と阪神の違い


 今週号はシーズン大展望号ということで、編集部からセパの順位予想を頼まれた。この時期は毎年恒例のことだが、現時点での私なりの予想を率直に述べていこう。

 まずはセ・リーグからだが、優勝は巨人。昨年終盤の失速ぶりはひどいものだったが、今年はその反省も強く、きっちり巻き返してくると思われる。もともと戦力はある。坂本勇人丸佳浩中田翔らベテラン勢がきっちりと働き、岡本和真が四番としてすごみをきかせれば、打線は問題ない。投手陣も菅野智之が本来の力を発揮できれば、若手も台頭してきている。長いシーズンをトータルで考えたら、やはり優勝に最も近いチームと言える。そして何よりも原辰徳監督が3年契約を結んだことが大きい。あとで述べるが阪神とは違い、これが選手にとって大きなモチベーションとなる。

 2位はヤクルトだ。山田哲人村上宗隆を擁する打線は巨人よりも迫力があるし、ここは他球団と違って、一番から八番まで打線が厚い。日本一になったことで自信を持って戦うことができるのも大きいだろう。ただし、連覇というのは言うほど簡単ではない。それは高津臣吾監督が一番よく分かっているはずだ。日本一の疲れも少なからず残るし、昨年はうまくいっていたことが今年もうまくいくとは限らない。長いシーズンは予期せぬことがたくさん起きるのだ。自信と過信は紙一重だが、そこをうまくクリアできれば巨人と優勝争いできるだけの力はある。

 迷ったのは3位と4位だ。阪神と中日で悩んだが・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

張本勲

張本勲

球界きってのご意見番として活躍する野球評論家の張本勲氏が週刊ベースボールで忖度なしの喝を発信。球界の未来を考えた提言を展開する。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング