週刊ベースボールONLINE

“一打無敵”のご意見番が球界を斬る 張本勲の喝!!

張本勲コラム「岡本、村上、山川に打撃2冠の可能性。パ首位打者は3年連続で吉田正が大本命。投手部門は菅野と山本の独占も」

 

本塁打と打点2冠の可能性を持つ西武の山川。2018、19年のパの本塁打王[写真=佐藤真一]


本塁打王の条件


 いよいよ開幕だ。長いシーズンの始まりだが、選手諸君にはファンが球場に足を運びたくなるような熱いプレーを期待している。プロの世界は結果がすべてであることを肝に銘じ、数字、成績を残してもらいたい。自分の持ち味を出して結果に結びつけていくことだ。

 さて、今回は前号の順位予想に続き、主要タイトルを予想してみよう。まずはセの本塁打王だが、これはもう岡本和真(巨人)と村上宗隆(ヤクルト)の一騎打ちで間違いない。鈴木誠也(現カブス)がいれば昨年同様、三つ巴(どもえ)になっていたかもしれないが、この2人の力が突出している。遠くへ飛ばす力というのは練習すれば身につくというものではない。飛距離は天性のものがあり、だから本塁打王というのは限られるわけだが、今のところ岡本と村上以上に飛ばす選手は見当たらない。もちろん“当たったら飛ぶ”という選手はいるだろうが、たまの1本ではとてもタイトルは獲れない。ミート率も必要だし、相手投手に与える恐怖感も必要になってくる。相手投手の失投は「少しでも甘く入ってしまうと本塁打を打たれる」という重圧から来るものなのだ。その意味において、この2人の力が突出しているということだ。しかも・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

張本勲

張本勲

球界きってのご意見番として活躍する野球評論家の張本勲氏が週刊ベースボールで忖度なしの喝を発信。球界の未来を考えた提言を展開する。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング